• HOME
  • LED電球・蛍光灯の選び方

LED電球・蛍光灯の選び方

「工事不要タイプのLED蛍光灯」を使えば大丈夫?

LED電球・蛍光灯は、従来の白熱電球・蛍光灯と比較して、次のようなメリット・デメリットがあります。こうした特性を踏まえた上で、取り付ける場所や電球・蛍光灯の形状、サイズ、明るさを選びます。ここでは、LED電球・蛍光灯を選ぶポイントを説明します。

(1)口金のサイズを選ぶ
口金とは、JIS(日本工業規格)で定められた電球・蛍光灯と照明器具を接続するコネクタ部分を指します。日本では、E17(ダウンライトなどに使われる小型サイズ)とE26(一般電球・蛍光灯)というサイズが多く使用されています。口金の直径が17mmか26mmのどちらかですが、わからない場合は外した電球・蛍光灯を持って行き、販売店で確認するとよいでしょう。

口金のサイズを選ぶ

(2)明るさを選ぶ
LED照明の明るさは「lm(ルーメン)」という単位で表記します。光の束の量を表し、従来の照明器具の「W(ワット)」と同じく、数字が大きいほど明るい範囲が広がります。従来の「W」は、実は明るさではなく消費電力を表す単位ですが、LEDは消費電力が少ないため、W数だけを比較してもどれを選べばいいかわかりづらいため、「lm」で確認する必要があります。

ワットとルーメン対比表

そして、部屋の大きさに合った明るさのものを選びましょう。LEDシーリングライトの場合、メーカーのカタログや家電量販店などの店頭で、適用畳数の表示をしていますが、同じ広さの部屋に適したLEDシーリングライトであっても、実際のルーメン(lm)の数値には幅があります。

適用畳数の表示基準

(3)光の広がり方を選ぶ
LED電球・蛍光灯には、従来の白熱電球・蛍光灯と同じようにさまざまな形状の商品が発売されています。ただし、白熱電球・蛍光灯と違って光の広がりが少ない特性があるため、同じ形状でも明るさが変わることもあります。リビング・ダイニングのダウンライト、ペンダントライトやフロアスタンドにはより広範囲を照らすボール型の電球・蛍光灯を、廊下・トイレ・洗面所などのダウンライトや絵画・写真を照らすスポットライトには下方向に向かって明るく照らす一般電球・蛍光灯や小形電球・蛍光灯がオススメです。

(4)光の色を選ぶ
LED電球・蛍光灯を光の色でわけると、「電球・蛍光灯色」「昼白色」「昼光色」の3タイプがあります。電球・蛍光灯色は暖かい感じに、昼白色は爽やかな感じになります。光の色はパッケージに表示されています。同じ室内でも、電球・蛍光灯の色を変えるだけでイメージがガラリと変わるもの。LED電球・蛍光灯を選ぶ際は、部屋のイメージや嗜好に合わせてみるとよいでしょう。

(5)調光器具や密閉形器具には対応タイプを選ぶ
照明器具には、照明の明るさを操作盤やリモコンなどで調整することができるタイプがあります。こうした照明器具にLED電球・蛍光灯を使う場合、「調光器対応」タイプを選ぶ必要があります(非対応のLED電球・蛍光灯を設置しても点灯しない場合があります)。また、浴室など電球・蛍光灯の上からカバーをかぶせるような密閉形の照明器具には「密閉形器具対応」タイプを選びましょう。それぞれパッケージに表示されているので確認してください。